<ECLIPSE>

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
「夏の夜の夢」―
今を生きている楽しさ。たとえこの人生が、喜劇であろうと悲劇であろうと、今この瞬間の、心のすべての動揺を受け止める。先は何も分からない。この曖昧な状態にある心地よさ。先が見えないのは、いいことだ。私は直線を歩いてはいないのだ。

「まるで夢を見ていたような。」「何もかもが二重に見えて・・・。」二重どころか何重にも見えるこの世界が、私を楽しませてくれる。たくさんの極と極の間の「揺れ」がもしなかったら、この世界はどんなにつまらなくなるだろう?人間は行ったり来たりしながら、円を描く。

― 人は、ひとつの円だ。中心は至る所にある。
スポンサーサイト
| 未分類 | 02:32 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

07 | 2005/08 | 09
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE

☆
☆Author: 久美子
生まれ変わるなら、星か鳥になりたいと思う。
地上に「愛」が存在するならば、すべてを愛し、すべてに愛されたい。
命の灯をともして、日食の闇に、うごめく。



RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
  • (12/07)
  • (11/19)
  • (07/19)
  • (06/23)
  • (05/27)
  • CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
  • TAKK (03/23)
  • TAKK (07/04)
  • kumy (06/09)
  • TAKK (06/08)
  • ash (02/14)
  • (01/01)
  • kumiko (12/07)
  • RECENT TRACKBACK
    LINKS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。