<ECLIPSE>

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
贖罪
・大人になった背中や足の、たくましくしなやかな骨と肉

・書くことのいやらしさ。けれども書く必要がある。

・同情を避けようとして同情を買うという滑稽さ

・相対化の波に飲み込まれる自己

・情熱と資材の不均衡 ― 時間、お金、素質、機会?

・人に迎合しようとする精神

・常に満たされない心と体

・知識と知恵

・何も赦されはしない、理解されはしない ― ただ受け入れられるのみ

・それでも私は間違っていないと言える何かがある

・何も「はかって」いない

・魂の正しさ

・数量化される生産性;私は何も産まない

・ただ生きていられるという退屈さ、吐き気

・歪み










スポンサーサイト
| 未分類 | 12:22 | トラックバック:0コメント:0
All or Nothing



世の中の全てから、見捨てられた感覚
それとも見捨てつつあるのだろうか?

孤独は容赦なく私を包み込み、世間に対する平衡感覚を失わせるけど、そんなものはもとから持っていない。失わせるというよりも、それを再確認するだけだ。そうしてバランスを崩した私は、均整の取れた孤独へと帰る。

こんな言葉さえも綴らなくなるだろうという予感に、強くなった自分に違和感を覚える。柔軟になりつつあるのか、硬直しつつあるのか― あまりにも弱い自分に眩暈がする。「私は誰にもよりかかったりしない。」― 矛盾すら孤独に溶解されていく。









| 未分類 | 00:41 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

07 | 2005/08 | 09
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE

☆
☆Author: 久美子
生まれ変わるなら、星か鳥になりたいと思う。
地上に「愛」が存在するならば、すべてを愛し、すべてに愛されたい。
命の灯をともして、日食の闇に、うごめく。



RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
  • (12/07)
  • (11/19)
  • (07/19)
  • (06/23)
  • (05/27)
  • CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
  • TAKK (03/23)
  • TAKK (07/04)
  • kumy (06/09)
  • TAKK (06/08)
  • ash (02/14)
  • (01/01)
  • kumiko (12/07)
  • RECENT TRACKBACK
    LINKS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。