<ECLIPSE>

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
追憶のかおり



「高校の時に使ってた香水は?」
そう聞かれて思い浮かべたとたん、あまりにもいろいろな記憶が鮮やかに流れ出した。あのとき、毎晩かけていた曲。黒髪が背中までのびて、前髪を短くしても、時間は決して巻き戻ったりしないのに。

長い髪に憧れた
夜に降る雨は好きだった

空を仰いで 手をたたいて
大地にキスをするよな
この思いが強いのなら 傷ついてかまわない


写真より何より、音楽と香りは記憶を呼び覚ます。空気の匂い、些細な言葉、感触まで・・・そのひとつひとつは何でもない風景であったり感情であったりするのに、それらが連なって体を駆け巡ると、強烈な感覚を与える。今、目の前にある全く別なものに、記憶が透けて見える―

思い出に香りをつける

人間はそうしていろいろなことを記憶しているのかも知れない


思い出すまで、全然使っていなかった香水。手首と首筋の脈に、軽く乗せる。ああ、甘く官能的な香りに酔う日々は去り―むせるような享楽の香り― 今ではしっとりと、体にまとえるようになった。それでもこの香りは、決して馴染まなかったあの頃の私を、思い出させる。









スポンサーサイト
| 未分類 | 01:41 | トラックバック:0コメント:2
| ホーム |

07 | 2005/08 | 09
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE

☆
☆Author: 久美子
生まれ変わるなら、星か鳥になりたいと思う。
地上に「愛」が存在するならば、すべてを愛し、すべてに愛されたい。
命の灯をともして、日食の闇に、うごめく。



RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
  • (12/07)
  • (11/19)
  • (07/19)
  • (06/23)
  • (05/27)
  • CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
  • TAKK (03/23)
  • TAKK (07/04)
  • kumy (06/09)
  • TAKK (06/08)
  • ash (02/14)
  • (01/01)
  • kumiko (12/07)
  • RECENT TRACKBACK
    LINKS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。