<ECLIPSE>

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
日記らしい日記を書く試み



微熱の頭で考えたこと。今日は帰りの電車から見える空がまるでどんよりと曇っていたので、押し込められたような街にとぼとぼ帰ってきた。本屋に立ち寄りいくつか手にとって見ている間に、雲はたちまち過ぎ去っていったらしい。外に出たら雨上がりのアスファルトが黒く光って、水滴の滴る傘を持った人々が光に祝福されるように、晴れやかな顔で横断歩道を行き交う。空は青い。熱のこもった頭で少しいらいらしていた私は、徒歩20分の道のりを歩いて帰ることに決めた。

なぜか、私は坂を上がったり階段を下りたりしながら、自分の中でいろいろな人と会話していた。それは実際に聞くほどのことではないような、世界の些細なことについて。あの人だったらどう言うだろう、この人だったらこんな風に答えてくれるだろうな・・・それは私にとって一種の慰めかも知れない。

月曜日でほとんど休みの商店街、アーケードが日陰を作って私の暑さをたしなめてくれる。魚屋さんのおじさんがはっきりとした張りのある声で、「はい、カワハギね、はいっありがとうございます」と言いながらそのおじいさんに言った。そのときふと目が合ったために、私はその先50メートルほどその生きのいい店主について考えることになる。彼はあの店を継いだのだろうか。ずっとあの店と一緒の実家で育ったのだろうか。

その時私の脳裏に、さっき電車の中で目の前に座っていたとある女性の姿が浮かぶ。少し角のある眼鏡に黒いジャンパーにデニム。床に置いたプーマのスポーツバッグには公認会計士のための参考書が、彼女の持っているものの他に5冊詰め込まれている。髪を後ろでひとつに束ねて一心不乱に読みふける姿、化粧ッ気の無い顔。目の疲労と肩の凝りが伝わってくるように痛い。

「彼女は、どんなふうに人生を楽しんでいるのだろう」本を置いて髪を解いたときの彼女を想像しながら、そんなことを考えてしまう。


家まで3つ目の横断歩道の手前で、「期待」は果たして愛だろうか、と考えた。自己回帰的な期待も、他者から感じる期待も― それはあきらめとは少し温度差があって、実際には全く違うものなのか同じものなのかは分からなかったけれど ―例えば期待通りにいかなかったとき、責めるのは愛だろうか。許すのが愛だろうか。それとも、あるがままに受け止めることが最善の道なのだろうか。

・・・


最後の横断歩道で二つに分かれる道が私の思考を分裂させた。雨上がりの差し込むような眩しい光に目が眩んで、頬が蒸気する。色づき始めた並木道に、大人びた秋のざわめきを聞いた。

















スポンサーサイト
| 未分類 | 22:43 | トラックバック:0コメント:2
| ホーム |

09 | 2005/10 | 11
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE

☆
☆Author: 久美子
生まれ変わるなら、星か鳥になりたいと思う。
地上に「愛」が存在するならば、すべてを愛し、すべてに愛されたい。
命の灯をともして、日食の闇に、うごめく。



RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
  • (12/07)
  • (11/19)
  • (07/19)
  • (06/23)
  • (05/27)
  • CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
  • TAKK (03/23)
  • TAKK (07/04)
  • kumy (06/09)
  • TAKK (06/08)
  • ash (02/14)
  • (01/01)
  • kumiko (12/07)
  • RECENT TRACKBACK
    LINKS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。