<ECLIPSE>

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |

「賭けをしてるの。私がこの庭にいるときに彼が尋ねて来たら、今度こそ愛そうって決めてるの。」

―『紅の豚』









「愛そうって決めてるの。」



















スポンサーサイト
| 未分類 | 01:04 | トラックバック:0コメント:0
春は名のみの
大好きな炭酸の缶がなかったから、代わりにキンキンに冷えたトマトジュースを一気飲み。けっこうよかったから、これからはトマトジュースを補欠にしようと思う。


子ども心を忘れないひとというのは、実際に子どもっぽい人では決してなくて、確実に大人になってしまったことを認識しながらも、子ども心を忘れないでいるひとのことだ。子ども心とは何か―? 一言でいえば、それは「驚く」力ではないかと思う。

何ごとにも驚かなくなるというのは、肝が据わることであり、世の中をそこそこ知ったということであり、大人になることである。つまり予測できる範囲に世界があるということ。俗に言う不測の事態に際して、落ち着いて対処できるひとやずっしり構えている人間は、よほどののろまか鈍い人でなければ、やはり物事を知っているひと。

それとはちょっと違うところに、子ども心というのがある。

つまり、「驚き」には二種類あって、動揺をともなうものと、感動をともなうもの。驚かないひとが克服したのは前者であり、子どもの心を失わないひとが帯びているのは後者である。

何気ない日常の風景に、溶け込んでいるたくさんの不思議。ひとつひとつの命に垣間見える、新鮮な色彩。そういうものに驚く。いちいち驚く。そういう一種馬鹿げたことを、ずっと続けていきたいと思う。そして驚きを感じるときにはぜひ、動揺ではなくどちらかといえば感動で満たされたいとおもう。


どちらも結局は、揺れることに変わりはないのだけれど。
















| 未分類 | 00:50 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

01 | 2006/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
PROFILE

☆
☆Author: 久美子
生まれ変わるなら、星か鳥になりたいと思う。
地上に「愛」が存在するならば、すべてを愛し、すべてに愛されたい。
命の灯をともして、日食の闇に、うごめく。



RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
  • (12/07)
  • (11/19)
  • (07/19)
  • (06/23)
  • (05/27)
  • CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
  • TAKK (03/23)
  • TAKK (07/04)
  • kumy (06/09)
  • TAKK (06/08)
  • ash (02/14)
  • (01/01)
  • kumiko (12/07)
  • RECENT TRACKBACK
    LINKS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。