<ECLIPSE>

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
何かに対して沈黙を守る、ということの難しさを、一体どれだけの人間が理解しているだろうかと思う。かく言う私も、そのことについて直接的に触れないことでしか、沈黙しているつもりになれないのだ。

ざわめき、叫びをあげる心を、黙らせるのではなく「黙る」という行為。ただ黙するという行為。どうしようもなく発せられたように見える言葉、逃げるように守られた沈黙。そのどちらもが、結果的には虚偽に落ち込む言い知れない軽さを備えている。そこにとどまっていることができない。その状態に耐え続けることができない。それがいかに多くの恵みを取り逃がすものであるか―

私は保存するということについて、ただ単純に、「語る」ということを望まないだけかもしれない。語られなかった言葉―たったひとつの言葉を口にするために、その土台となった幾万の言葉が、無駄に消費されてしまうことを恐れているのだ。なぜならそれはそれとして確実に、実際には―語れなかった言葉―は永続的に、私として生き続けていくからである。

沈黙とは、祈ることに近い。ただ黙して語らないとき。明瞭な世界に触れないとき。逆に研ぎ澄まされた感覚の只中に漂いながら私は、ただ、祈っている。































スポンサーサイト
| 未分類 | 02:16 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

06 | 2006/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE

☆
☆Author: 久美子
生まれ変わるなら、星か鳥になりたいと思う。
地上に「愛」が存在するならば、すべてを愛し、すべてに愛されたい。
命の灯をともして、日食の闇に、うごめく。



RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
  • (12/07)
  • (11/19)
  • (07/19)
  • (06/23)
  • (05/27)
  • CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
  • TAKK (03/23)
  • TAKK (07/04)
  • kumy (06/09)
  • TAKK (06/08)
  • ash (02/14)
  • (01/01)
  • kumiko (12/07)
  • RECENT TRACKBACK
    LINKS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。