<ECLIPSE>

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
self
私がわたしのままで、あなたがあなたのままで、ほかのなにものにもなれない。

魂はいつも何かと何かの間で揺れている。すべて覚えている。便箋の真ん中に書かれた一行を探して長い空白を埋めていく。わたしの万年筆。雨は今でも降り続けているのだろうか。

私がつねに持ち歩いているもの。どこにいても失われないもの。何も私を制限していない。誰も私を強制していない。私が嘘をついているかどうか― 私以外の誰にそれが判断できるだろう?

正直に生きるということの意味。自分が自分に正直であるのかどうか。自分で自分を偽っているのかどうか。それは誰も立ち入ることのできない領域。抑圧されているものも、芽生え始めているものも、進行しているものも、葬られたものも、すべては自己として。

美しく生きること。まっすぐであること。何に関わらず自己を自己に照らし合わせて生きていくこと。何が正しくて何が正しくないのか。

私以外に誰がそれを知っているだろう?




































スポンサーサイト
| 未分類 | 04:49 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

09 | 2006/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE

☆
☆Author: 久美子
生まれ変わるなら、星か鳥になりたいと思う。
地上に「愛」が存在するならば、すべてを愛し、すべてに愛されたい。
命の灯をともして、日食の闇に、うごめく。



RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
  • (12/07)
  • (11/19)
  • (07/19)
  • (06/23)
  • (05/27)
  • CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
  • TAKK (03/23)
  • TAKK (07/04)
  • kumy (06/09)
  • TAKK (06/08)
  • ash (02/14)
  • (01/01)
  • kumiko (12/07)
  • RECENT TRACKBACK
    LINKS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。