<ECLIPSE>

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
誰もが痛みを吐き出したくて
過去に埋葬の言葉を捧げる

私は以前のように
それを皮肉な目では見られないことに気づく

言葉どおりではない心
誰もが孤独だと分かっていても
分かち合えないもの

どうやっても、分かち合えないもの

どんなに強く抱きしめても、埋められない虚ろ



なぜなんだろう
壁を一枚隔てた隣の部屋で
惨めさに耐えられずにいる友とすら
満たしあうことができない



私は

一体どれだけの愛をそそげるだろう
一体どれだけ誠実でいられるだろう

いったいどうやって
少しの間、寄り添うことができるだろう




ほんの束の間でも
あなたを暖めたい


美しい花でもなく

遠くに見える灯台でもなく

光り輝く星でもなく





いま




わたしのこの手で




















































スポンサーサイト
| 未分類 | 11:50 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

12 | 2007/01 | 02
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE

☆
☆Author: 久美子
生まれ変わるなら、星か鳥になりたいと思う。
地上に「愛」が存在するならば、すべてを愛し、すべてに愛されたい。
命の灯をともして、日食の闇に、うごめく。



RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
  • (12/07)
  • (11/19)
  • (07/19)
  • (06/23)
  • (05/27)
  • CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
  • TAKK (03/23)
  • TAKK (07/04)
  • kumy (06/09)
  • TAKK (06/08)
  • ash (02/14)
  • (01/01)
  • kumiko (12/07)
  • RECENT TRACKBACK
    LINKS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。