<ECLIPSE>

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
volatile self
近頃私に取り憑いて離れないのは、いかに私という存在が不確かであるかということ。選ぶ服も、音楽も、恋人も、話し方も、髪形も、すべてが簡単に風に吹き飛ばされてしまいそうな、そういう不安を感じずにはいられない。「存在の耐えられない軽さ」―私は軽い。私という存在はいかにも軽い。

すべて私は、私というスタイルで、私に閉じ込められている。私は私という言葉でしか、私について語れないことに苛立ちを覚える。私は私以外の何かになりたいと切に願う。思い切り髪を切って、イメージチェンジしてみようかなんて思う。「イメージ」―すべては捏造された意味にすぎない。

あらゆることがただパフォーマンスによって決定されていく。メディアはいかなる場合にも有用な存在でしかあり得ない。露出。Visibility。Visualを読めないことが落ちこぼれを意味する時代が来るだろう。イメージはますます過剰に迫っている。

時代、場所、その他私を私につなぎとめているもの。私はそれらの重さの両天秤にかけられている、いかにも軽い私に呆然とする。私は重くない、私という存在は決して重くなれないのだ。いかなる意味に対しても。暑い陽射しに思わず蒸発してしまいそうになる。いや、それはもはや揮発ですらあるかもしれない。






















































スポンサーサイト
| 未分類 | 02:53 | トラックバック:0コメント:0
夢の中で走っているときみたいに

人生には、なかなか前に進めないときがある。

ほんのちょっとのつまずきに

突然体調不良になってしまうときだって。


器械体操をやっていたとき先生に言われた言葉

つらい時ひそかに唱え続けてきた言葉。


「もうダメだ」と思ったとき

それはお前の本当の限界じゃない


高校の担任の先生に言われた言葉

くじけそうになったとき繰り返してきた言葉。


「もうダメだ」と思ったとき

そこからどれだけ頑張れるか

それが人生を決めていく


どんなに苦しいときも

どんなに自分がちっぽけに感じられるときも

いつも残っている 1パーセントの勇気

それを人は希望と呼ぶ。






















































| 未分類 | 02:30 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

06 | 2007/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE

☆
☆Author: 久美子
生まれ変わるなら、星か鳥になりたいと思う。
地上に「愛」が存在するならば、すべてを愛し、すべてに愛されたい。
命の灯をともして、日食の闇に、うごめく。



RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
  • (12/07)
  • (11/19)
  • (07/19)
  • (06/23)
  • (05/27)
  • CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
  • TAKK (03/23)
  • TAKK (07/04)
  • kumy (06/09)
  • TAKK (06/08)
  • ash (02/14)
  • (01/01)
  • kumiko (12/07)
  • RECENT TRACKBACK
    LINKS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。