<ECLIPSE>

雨垂れ | main |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
日食
日食、日蝕:月が太陽と地球との間に来て太陽光線をさえぎる現象。太陽面が月面により全部覆われる時を皆既食、太陽面が月の周りに環状にはみ出す時を金環食、月面が太陽面の一部を覆う時を部分食という。にっそく。(「広辞苑」)




終わりのない日々の日食。いつも闇にいて、私には決して光が当たらない。好きなこと、好きなもの、そんなものたちを見つけられなくなって、どれくらい経つんだろう。冗談すら通じなくなった。移行期だと言えば、移行期なんだろうな。そう、何度も旅に出て、帰ってきたのだから。一巡りしてくる度に、どこかしら誇れるものを持ち帰り、成長してきたつもりだけれど、今回は少し遠くまで行き過ぎたよう。戻ってきて、さらに「虚しい」。

Mr.Childrenの昔の歌に、「悩みや痛みなど一生消えぬものだと思えたらスーパーマン」という歌詞があった気がする。スーパーマンは、極度に孤独で、やっぱり人間じゃないんだろうな。あらゆるものの中にいて関係を断ち切れずにいながら、何にも感動できない虚しさ。悩みと痛みに耐えて超えたはいいものの、日々の小さいことや楽しいはずのことに、無反応になってしまったのね。皮肉なことに。

手に入れたものと、手に入っていないもの。―「手に入れる」という動詞も消え去って、ただやってくるものと去っていくものを見つめている。全てが「無」を通過して、私を置いて行く。よくよく考えてみれば、世の中は不条理で矛盾だらけ。それなのに、曖昧さを好まないこの性質が問題なんだ。

「笑顔」「自信」「信頼」「愛」・・・、全部置いてきちゃった。さて、どうやって呼び戻そうかしら。
スポンサーサイト
| 未分類 | 21:36 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする













管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://espilce.blog17.fc2.com/tb.php/1-c2f96bf3
トラックバック
| ホーム |

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE

☆
☆Author: 久美子
生まれ変わるなら、星か鳥になりたいと思う。
地上に「愛」が存在するならば、すべてを愛し、すべてに愛されたい。
命の灯をともして、日食の闇に、うごめく。



RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
  • (12/07)
  • (11/19)
  • (07/19)
  • (06/23)
  • (05/27)
  • CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
  • TAKK (03/23)
  • TAKK (07/04)
  • kumy (06/09)
  • TAKK (06/08)
  • ash (02/14)
  • (01/01)
  • kumiko (12/07)
  • RECENT TRACKBACK
    LINKS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。