<ECLIPSE>

「夏の夜の夢」― | main | ユートピア1
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
Dramaticな人生―開幕



開演5分前― まもなくの始まりを知らせるチャイムが鳴り、みな足早に自席に戻る。ロビーには人気がなくなり、熱に浮き、凝縮された期待が客席内に漂う。扉はすでに閉じられ、もう別世界に移る準備は万端だ。これから休憩を覗き2時間程の間、人々は日常を離れ、短い夢現に誘われる。そんな予感のせいもあってだろうか。その日の主役が登場するまで、劇場内は心地よい緊張に包まれる。客席内のライトが落ち、ざわついていた空気がしん、と静まり返るほんの一瞬。― そして幕が開き、空気は拍手で満たされる

私の一番好きな時間帯は、この開演5分前から開演までの短い時間だ。私は何年か劇場でアルバイトをしている。劇場のバイトと言っても何をしているのかと聞かれることが多いけれど、レセプショニストといって、来場されたお客様に席案内をするのが主な仕事だ。その他公演中のお客様へのサービス全般を受け持つ。例えばカフェカウンターでの飲食の販売に当たることもあれば、クローク、オペラグラスの貸し出し業務などもある。あと、劇場内のアナウンスもする。

このバイトをしていていると、本当にいろんな人に会う。私の所属している劇場は、オペラをはじめとするクラシック公演、バレエやフラメンコなどのダンス系、海外の民族音楽・舞踊、歌舞伎、それに歌手のライブやコンサートなど様々な公演が催されるので、お客様もそれに合わせて変わる。それに、趣味はそれぞれ違うから。実は、接客をしていて、ちょっと「おいおい」と思うようなときもある。これはどんな職業でも人と関わる仕事について回ることだろう。例えば、禁止されていることをしてしまう人とか、常識としてマナー違反を犯している人とか。そういう時は、こちらとして困るというよりも、他のお客様のご迷惑になるので止めていただくようにお願いする。これは正直言ってあんまり気持ちのいい仕事じゃない。知っているにしても知らないにしても言われる側にしてみたら嫌だろうし・・・時々へこむこともある 笑。だけどそんなマイナスなテンションも、ちゃんと回復するのだ。なぜなら、公演が始まって、本当に楽しそうに一緒に歌を口ずさむ人とか、目を閉じて、微笑みを浮かべて音楽に聞き入るひととか、嬉しそうに帰っていくお客様を見ると、とても暖かいなあと思って元気になるのだ。

劇場は、よく「非現実・非日常」を演出するところだと言われる。私たちレセプショニストも、それを盛り立てるように誠実な対応を心がけている。確かに舞台では、多くの非現実・非日常が演出される。その場、そのときにしか見られない一回限りの公演の熱が、舞台から客席に飛び出していく。どんな公演もドラマやCDと違ってやり直しがきかないから、リハーサルを含めその舞台裏ではいろいろな準備が入念になされる。アナウンスに入ると舞台袖にいるため舞台裏の様子が分かるのだが、私はそれがとても好きだ。日常生活を離れた世界を演出する舞台役者も、彼にとってはそれが日常であったりする。スポットライトの当たる舞台のすぐ横では、とっても大忙しな現実が繰り広げられていたりする。だけどそこには一種の緊張感が常に漂っていて、あの高揚した表舞台の裏にあるなんとも言えないひんやりとした空気が― 支配している。

「これは、人生そのものだ」― 袖にいるといつもそう思う。とっかえひっかえ出て行く出演者たち、スポットライトを浴びて、確かに彼らはその役のひとそのものだ。たぶん、オーケストラで演奏するような人たちでさえ舞台上では何かを装っている。暗い舞台袖に引っ込み、呼吸を整えたりして少し休む。大勢の観客の目から逃れて―。そしてそれを支えるひとたちがたくさんいる。舞台美術、衣装、照明、音響に関わるひとなど。

舞台上で台詞を忘れたり、役柄を忘れて素になってしまったり、台本にない不測の事態が起こったとしたらどうだろう。それを考えるだけでも緊張し、恐ろしいと思うひともいるのではないだろうか。実際、そんな困った変則的な出来事に落ち着いて対応し(つまりアドリブなどで)、その場の偶発性や即興性を楽しみに変えてしまえるのは、よほど舞台慣れした人間か― またはそういう生き方を知っているひとであると思う。ちょっとした変更や大きな危機にも屈せず、自分でストーリーを作り変え、編集し、それを楽しみに変えてしまえる人間。そういう人間にとっては、表舞台も裏舞台も、最高の場所になるだろう。

今は、自分に与えられた役柄が分からないまま舞台に押し出されて、焦る心で立ち尽くしている人も、スポットライトを浴びてできた自分の影を見つめるばかりで観客に背を向けているひとも、いつでも、創り出すことができる。もし自分が誰かにあてがわれた役が気に入らないのなら、壊せばいい。ひとり何役だって演じることもできる。自由に創れるのだ。ただ、それではずっと何かを演じていることしかできないのか?本当の自分は一体なんなんだろう?そう思うかも知れない。そう言われたら、私はこう答えたい。どんなに多くの役柄を演じていても、それを演じているのは、ひとりの人間なんだ、と。

開演5分前― もうすぐ幕が開く。




スポンサーサイト
| 未分類 | 00:16 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする













管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://espilce.blog17.fc2.com/tb.php/12-7a1524bb
トラックバック
| ホーム |

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE

☆
☆Author: 久美子
生まれ変わるなら、星か鳥になりたいと思う。
地上に「愛」が存在するならば、すべてを愛し、すべてに愛されたい。
命の灯をともして、日食の闇に、うごめく。



RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
  • (12/07)
  • (11/19)
  • (07/19)
  • (06/23)
  • (05/27)
  • CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
  • TAKK (03/23)
  • TAKK (07/04)
  • kumy (06/09)
  • TAKK (06/08)
  • ash (02/14)
  • (01/01)
  • kumiko (12/07)
  • RECENT TRACKBACK
    LINKS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。