<ECLIPSE>

真実 | main | 樹海
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
毎日長い帰り道 電車に揺られて傾き加減
それでも 私の目指す地平がそこにあるのなら
逃げ出すわけにも あきらめるわけにもいかない

日々の流れに身を任せながら 私はいつも遠い空を仰ぐ
自信喪失と回復の旅 放浪の途中で
私は思わず錆びそうになる

信じても叶わないことがある
それでもやはり信じなければ その芽が息づく可能性さえ無い
健やかなるときも 病めるときも
常に孤独な魂は 私の魂は大声上げて泣く

母は強く美しく 時に冷酷で厳かであり 気高く淫らで
その手は時に燃えるように冷たいが
眼差しはいかなるときも暖かい



これと言って華やかで目立つ特徴も特技もない私は、ある時ふと見えない糸に縛られてしまい、そこから抜け出すことができなくなる。常に何かの狭間に居て― 内に向かうものと外に向かうものの狭間に居て ―呆れるほど生き生きした感情をなだめたり逆なでしたりしては、苦笑いするしかなくて。

いつも、人間として試されていると思う。

だから真面目にも不真面目にも、どう生きるかを考えずにはいられない。鼓動が波打つ一瞬一瞬が、私の血と肉を作っていくのだから。痛みさえ、涙さえ、やがて命の糧になる。胸が押し潰されそうな夜は、シンプルな旋律を聴いて心満ちる。朝になればどんなに寒くても、日は昇るから。

どこに居ても、どんなときも見つけられるような、美しく輝く小さな星になりたいと思った。長い航海、果てしなく暗い海原で道を失わないように。どんなに遠くても、辛くてうずくまっていても、すぐに飛んでいける鳥になりたいと思った。もし迷って自分自身が分からなくなれば、手をとることはできなくても飛ぶ姿を見せられるから。ひととの混乱した、そしてシンプルな関わりの中でしか私は生きていかれないのだ。

限りなく暖かく、厳しい愛の根源に近づきたいと思いながら
際限無い明るさと無尽蔵の寛容さを手に入れたいと
こんなにも強く憧れながら


誰かに 愛してる と、伝えたくて仕方がなくなる















私はどんな方法で 何を抱きしめようとしているのだろう?


スポンサーサイト
| 未分類 | 21:25 | トラックバック:0コメント:4
コメント
遠くの空で輝く星より
何時の間にか姿が追えなくなる鳥よりも
こうして私の為に誰かの為に
気持ちを伝えてくれる貴方のほうが
愛おしい。
時を同じくする事に深く感謝します。
2005.10.26 Wed 21:58 | URL | 風
愛してるという言葉は、きっと自分自身をも満たす言葉なんだね。

私も誰かに「愛してる」と伝えたい。
でも私の場合それは、きっと自分自身が満たされたいから。愛するの言葉の対象はきっと自分に向いているんだ。


ほんとうの「愛してる」は、発声する前にあふれてこぼれるものだと思うから。
こぼれでる愛を抱きたいと思いました。
2005.10.26 Wed 23:20 | URL | rumi
愛してる
rumiさんの言うように 「愛してる」という言葉は
自分自身を満たす言葉なのかもしれませんね。

幸せでなければ そういう感情は 起きないし
「愛している」と 言う言葉は 肯定的な事だから
前向きで 相手も好きだけど 相手を好きな自分も好きなのかも しれませんね。

でも 愛には 色々あるけれど 切ない 伝えれられない
苦しい愛も ありますね。

それでも 愛する事は 人間として生まれてきて
大切な事だと思います。
2005.10.27 Thu 00:26 | URL | 育愛
風さん

私の言葉を見つけて この心をたどってくれること
その可能性の明るさに気が付いた瞬間 胸がいっぱいになる

どうしても伝わらない 熱をこの身にこもらせたまま
苦しんでのたうち回っていた私は
そのあまりにも眩しい祝福に 眩暈がする



rumi

確かに・・・すごく納得しちゃった。
「愛してると何度も言うのは、愛する気持ちを伝えたいからではなく、愛してると言って欲しいから」
シッタカブッダにそう書いてあったのを思い出した

こぼれ出る愛、はみ出る愛、余りある愛。
その本質。



育美さん

切ない、伝えられない、苦しい愛 そんな愛もある・・・
本当に、愛はいろいろな表れ方をするものですね
私はきっと、誰でもない「誰か」に向かっているために
特定の、特別の対象が居なくて迷っている未熟者なのかも知れません。




2005.10.27 Thu 23:48 | URL | 久美子
コメントする













管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://espilce.blog17.fc2.com/tb.php/129-a75bf522
トラックバック
| ホーム |

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE

☆
☆Author: 久美子
生まれ変わるなら、星か鳥になりたいと思う。
地上に「愛」が存在するならば、すべてを愛し、すべてに愛されたい。
命の灯をともして、日食の闇に、うごめく。



RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
  • (12/07)
  • (11/19)
  • (07/19)
  • (06/23)
  • (05/27)
  • CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
  • TAKK (03/23)
  • TAKK (07/04)
  • kumy (06/09)
  • TAKK (06/08)
  • ash (02/14)
  • (01/01)
  • kumiko (12/07)
  • RECENT TRACKBACK
    LINKS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。