<ECLIPSE>

タイトルなし | main | タイトルなし
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
flawless
細かい傷をつけて磨かれる宝石のように、光を集めて反射するものははじめ、とても不恰好で、ごつごつとしていて、尖っていて、不透明で―鋭いエッジで世界の何かを傷つけてしまったからといって身を隠す必要はない。血の溢れ出た接点で、かどは削られていくのだから。不用意に衝突を繰り返すわけではなく、触れて傷つけ、傷つけられたところから次第に光を集められるようになるから。

人間は周到につつまれ、目隠しされた状態で生まれる。そのものの形すら変えてしまうような危機的な傷でなく、少しづつ時間をかけるしかない摩擦によって世界が見えてくる。「磨く」という言葉の本質はその接点にある。自分を投げ出すということの意味も。

すべてが球に集約されて、球の面すらもこすれ合って、小さな小さな粒になり消えていく。若いとき心もからだも重いのは、かたまりが大きすぎるから。年老いて自分を小さく感じてしまうときは、削れた自己だけを見ているとき。












私は小さく、小さくなって消え、そのとき flawless になる。











































スポンサーサイト
| 未分類 | 04:54 | トラックバック:0コメント:2
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2006.10.27 Fri 02:31 | |
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2006.10.27 Fri 02:32 | |
コメントする













管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://espilce.blog17.fc2.com/tb.php/258-5c976732
トラックバック
| ホーム |

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PROFILE

☆
☆Author: 久美子
生まれ変わるなら、星か鳥になりたいと思う。
地上に「愛」が存在するならば、すべてを愛し、すべてに愛されたい。
命の灯をともして、日食の闇に、うごめく。



RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
  • (12/07)
  • (11/19)
  • (07/19)
  • (06/23)
  • (05/27)
  • CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
  • TAKK (03/23)
  • TAKK (07/04)
  • kumy (06/09)
  • TAKK (06/08)
  • ash (02/14)
  • (01/01)
  • kumiko (12/07)
  • RECENT TRACKBACK
    LINKS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。