<ECLIPSE>

タイトルなし | main | タイトルなし
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
私たちは人間のほかに何も学ばないのだ。非日常と日常の狭間。がむしゃらになって手に入れようとしているものも、今まで自分が達成してきたものも、何の意味もなくなる空白。

なぜ多くの命を失いながら、私たちは生きているのだろう。この瞬間にも、この瞬間にも、この瞬間にも・・・ 魂を丸裸にされる不在。この瞬間にも、この瞬間にも、この瞬間にも、生まれ行く多くの命。偉大な環の中の小さなひとつの環になる。

愛を誰から学んだか?

例えば一緒に食事するだろう。例えば一緒に買い物するだろう。一緒にテレビを見て、一緒に散歩し、一緒に風邪をひくだろう。寒くないか心配し、痛くないか心配し、幸せであるか心配し、同じ朝を迎え、同じ夜に眠る。記憶の鮮やかなスクリーンに切り取られた幾千もの写真とフィルム。些細な毎日。些細な毎日―


「なぜお前は気がつかないのか?」



光に包まれている






























スポンサーサイト
| 未分類 | 10:01 | トラックバック:0コメント:2
コメント
私の外に広がる全ての物が
生々流転を繰り返し
私はそれを黙って見つめる
全ては動き広がりそれは同時に
光を失い消え去って行く

私の内なる世界は幾万の魂の果てを
暗黒に包み込みその中に新たな光を
流れ星の輝きで打ち込み壊す

生きて行く

同時に二つの世界を調和させる
内なる世界と限りない現実を



少し揺さぶられたので
書いてみました。元気です。
2006.11.23 Thu 11:09 | URL | 風
風さん

元気です。その一言で元気付けられます。

なんで世界はこんなに静かなんでしょう。
くり貫かれた中心のようなところで
ただひたすら浸透性を高めていくような・・・

なんとか生きてます。
2006.12.07 Thu 12:04 | URL | kumiko
コメントする













管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://espilce.blog17.fc2.com/tb.php/266-08735c87
トラックバック
| ホーム |

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE

☆
☆Author: 久美子
生まれ変わるなら、星か鳥になりたいと思う。
地上に「愛」が存在するならば、すべてを愛し、すべてに愛されたい。
命の灯をともして、日食の闇に、うごめく。



RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
  • (12/07)
  • (11/19)
  • (07/19)
  • (06/23)
  • (05/27)
  • CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
  • TAKK (03/23)
  • TAKK (07/04)
  • kumy (06/09)
  • TAKK (06/08)
  • ash (02/14)
  • (01/01)
  • kumiko (12/07)
  • RECENT TRACKBACK
    LINKS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。