<ECLIPSE>

input-output / inhale-exhale | main | 世界はそんなに難しくない
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
不確定性原理



真理と虚偽、信仰と疑い、傲慢と謙遜、美しいものと醜いもの。人間に属するものも属さないものもすべて、「そんなことどうだっていいじゃん」と毒を吐く。私に盛られた毒は超一流だ。いくら排除しようとしても消化しきれない。人間ははじめ毒を拒否して、どうにかしようとあらゆる手段を講じる。そんなの無駄だよ。限りなく心臓をえぐる毒が、もう私の体中に回っている。

人間は自分を脅かすものに対して、とめどない恐怖を感じる。次第に腐敗していくもの、移ろうもの、死に至らしめるもの。死んだってたいしたことないのにね。「生きることは辛いことだよ」「そうですね」。存在を知らされてる非存在はその王様だ。つまりその存在を知られてはいながら、存在しないもの。永遠に見つからない財宝。永遠に手に入らない愛。永遠に過ぎ去っていく命。― あるのにない。それを掴もうとしてもがく。

どこかに留まることができないから、流れていく。しかもその非存在によって生かされていることを実感させられた時には、精神は壊滅に追いやられる。風の吹きすさぶ廃墟に立って散らばった人間のカケラを見おろすのか?

あなたに何か価値がありますか?― ありません。無いということによってしか有るということは証明できないんです。私はカリスマにはなれません。だけどカリスマの矛盾を知っています。そうやって価値は決まっていくことも。

「私たち人間はいつまでも完全を名乗ることができない」だから自分の不完全さを埋めるために創造し、求めようとする。自分の感情表現のための芸術?大衆に迎合するための芸術?完全に美しいもの、ひと、こと。相対化の域に入らないもの。

不感性

「今」と「ここ」を基点にして世界を測れなくなっている。


スポンサーサイト
| 未分類 | 21:41 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする













管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://espilce.blog17.fc2.com/tb.php/35-c18d46a0
トラックバック
| ホーム |

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE

☆
☆Author: 久美子
生まれ変わるなら、星か鳥になりたいと思う。
地上に「愛」が存在するならば、すべてを愛し、すべてに愛されたい。
命の灯をともして、日食の闇に、うごめく。



RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
  • (12/07)
  • (11/19)
  • (07/19)
  • (06/23)
  • (05/27)
  • CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
  • TAKK (03/23)
  • TAKK (07/04)
  • kumy (06/09)
  • TAKK (06/08)
  • ash (02/14)
  • (01/01)
  • kumiko (12/07)
  • RECENT TRACKBACK
    LINKS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。