<ECLIPSE>

タイトルなし | main | 贖罪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
甘えるな
自分をどこまで開示するかなんて、考えている自分にまた嫌気が差す。書くことは、墓穴を掘ることになるんだろうか、と。何かを予めはかって行動することは、私には不可能だと悟った。それは我儘にしか聞こえないにしても、そこまで頭が働かないのは事実だ。世の中を知らないのか、想像力が無いのか・・・?

書けることは私のほんの一部で、だけどすべてになる。私はそこで、常に欺瞞と誤解を招くリスクを背負う。しかしそれと同時に、共鳴を得る可能性を手にする。ここでは私は自由を手に入れるが、何かを怖れたままでいる。それは一種のいやらしさ、人間の関連性の根本にある虚偽だ。自分の身の置き場が分からないという、その在り方に対する疑問。私の中であらゆる矛盾が交錯する。

どのような在り方も、私には可能だ。否応無しにあちこちに引っ張られる感情を統制できるだけの理解はしていても、分からない。自分に対してどう在ればいいかは分かっていても、人に対してどうあるべきなのか。一様ではいられないことを知っていながら、私は一貫性を保とうと無駄な努力をしているのだろうか?私はすべてを持っていて、行動や思考を後付けで説明することなんていくらでもできる。けれどその前には、確固とした私なんていない。どのようにも演じられることを知った後で、何の役を演じたらいいのか分からなくなってしまった役者のように― 選べない。



機械仕掛けのオルゴール
スポンサーサイト
| 未分類 | 00:43 | トラックバック:0コメント:1
コメント
機械仕掛けのオルゴールは
心地よいいシラベを奏でますが、プログラムされた繰り返しですぅ~。
やはり、ハプニングがないと思案がありませんと思う(^^ゞ
確固たる意思を持つことは難しいです~(爆)
2005.08.25 Thu 00:08 | URL | tdoll
コメントする













管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://espilce.blog17.fc2.com/tb.php/67-90e0e1a8
トラックバック
| ホーム |

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE

☆
☆Author: 久美子
生まれ変わるなら、星か鳥になりたいと思う。
地上に「愛」が存在するならば、すべてを愛し、すべてに愛されたい。
命の灯をともして、日食の闇に、うごめく。



RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
  • (12/07)
  • (11/19)
  • (07/19)
  • (06/23)
  • (05/27)
  • CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
  • TAKK (03/23)
  • TAKK (07/04)
  • kumy (06/09)
  • TAKK (06/08)
  • ash (02/14)
  • (01/01)
  • kumiko (12/07)
  • RECENT TRACKBACK
    LINKS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。