<ECLIPSE>

タイトルなし | main | 夢が覚めたら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
なぜ、とまた問いたくなってくる。助けとか、救いとか、そういうものを自分にあてがうことはとうの昔に忘れた。癒されたいとか、慰められたいとか・・・私にはそういう気持ちが分からないから・・・ただ、誠実に、真っすぐに生きているだけだ。私は今、どんなことがあっても私の人生は正しいと言える何かを持っている。それはどういう言葉で表せばいいのかわからないにしても。それは自信でも、傲慢でも、まして強がりでもない。ただ全てを漸次肯定していけるという、予感のようなものかも知れない。

誰かが誰かに失礼な行為をするとして、それが人間の奥底に隠された本質であったとしても、それはたいした問題ではない。たいした問題ではないと言う私を、誰かが非難したりするだろうか。しかし実際、たいした問題だといって大騒ぎする人間ほど、本当にたいしたことだと思っていない。人間として関係を改善することや、寛容になることや、本当に正直になることや― そういうことをする前に、たいていの人間はもう閉じこもってしまっている。彼らには「善」という信念がない。目先の、自分の些細な感情だけで行動する。あとからどんなにでも言い訳できるように―

でも、言い訳というのは誤謬かも知れない。多くの人々が、後から見ればすべて正しかったのだということを立証するために、多くの努力を払う。しかしそうではない。私の中にある正しさ、私が持つべき正しさは常に今に基づいていなければならない。いや、そうでしかあり得ないのだ。

しかし私はあらゆる欺瞞の存在を知っている。けれどそれは私の外部にあるので、私が抱え込んでいるわけではない。悪や善の根本がどこにあるかなんて、そんなことはどうでもいいのだ。そう、本当にどうでもいいことだ。






;私は文体の精度というものを、気にしなくなったようだ。

スポンサーサイト
| 未分類 | 23:59 | トラックバック:0コメント:2
コメント
心屋大学の教授見習いの風としては
今回の論文を真摯に受け止めます。
真直ぐは真直ぐに受け止める。
少なくとも心屋大学の博士に推薦
出来ると思います。
要らんとか言わんといてね。
2005.09.01 Thu 21:02 | URL | 風
博士ですか!ありがたくならせていただきます 笑。
心屋大学の授業に沿うかどうか・・・
とりあえずいい論文書かないといけませんね。
2005.09.02 Fri 12:51 | URL |
コメントする













管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://espilce.blog17.fc2.com/tb.php/75-fea6c7b5
トラックバック
| ホーム |

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE

☆
☆Author: 久美子
生まれ変わるなら、星か鳥になりたいと思う。
地上に「愛」が存在するならば、すべてを愛し、すべてに愛されたい。
命の灯をともして、日食の闇に、うごめく。



RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
  • (12/07)
  • (11/19)
  • (07/19)
  • (06/23)
  • (05/27)
  • CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
  • TAKK (03/23)
  • TAKK (07/04)
  • kumy (06/09)
  • TAKK (06/08)
  • ash (02/14)
  • (01/01)
  • kumiko (12/07)
  • RECENT TRACKBACK
    LINKS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。