<ECLIPSE>

Passage: 回送電車 | main | 屈折 Addicted
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ハイヒール



改札を出て、背中をピンと伸ばして、胸を張って歩く。背の高い私は普通にしていてもすぐ見つかるほうだから、ローヒールの時はあまり気を張っていない。けれどもなぜか、ハイヒールの靴を履くと、胸を張って颯爽と歩きたくなるんだ。靴は女性にとって、人生の指針の一つであると思う。例えば仕事をするときにハイヒールは履けないし(仕事によってはそれが必須なこともあるだろうけど)、浜辺を歩くには裸足でなくちゃ似合わない。時と場所に見合っていなければ、どんなに高価で素敵な靴を履いたって素敵に見えない。これは他のことにも言えると思うけれど。

基本的に、私は裸足でいるのが好きだ。幼い頃からずっと慣れてきたせいか、例えば芝生、例えば暖かい土、コンクリートだって、靴を脱ぎ捨てて「足の裏」で感じたくなる。それはつまり繋がっている感覚をそこにも求めているのかも知れないし、歩くのにそれが最適だからかもしれない。

だから果てしない草原を、心地いい風に吹かれながらただ歩きまわること。それは私がもっともしたいこと。その上位に入る。化粧もせず、髪もそのままで、飾り立てずに歩く。そういうことを私は愛する。青い草の上に寝そべり、昼寝をし、水を飲んで、少しパンを食べて、また、ただ歩いていくこと。

それでも今日は不思議な感覚を覚えた。つまり、改札を出て歩き出したとき、無機質なグレーに囲まれているはずの景色に、草原のイメージが突如浮かび上がった。たおやかな風や、若い草の香りや、裸足で感じる土の温かさまで― 私は人の群れの中でひとりすっぴんになり、まったく偽りのない、とても汚れないもののに包み込まれた。

でも、そんな感覚を通り越して、狭い歩道を歩いていたとき、ふと見た鏡に映った姿を見てもう一つのイメージが交錯した。それは細いハイヒールを履いて絨毯かピカピカに磨かれた床の上を歩いている私。きっとそれは女主人か、何かとても華やかな昼と夜を過ごす女性のヴィジョン。ああ、私はそういう世界を愛している。エレガントに飾り立てた夫人、少し踏み外せば下品になりかねない線を越えずに、粋にあしらう完璧な女。

つまり私は、どちらも好みなのだ。ただしその「どちらか」。極端なことしか出来ない私は、今まで色々と彷徨ってきて、自分に適したスタイルを見つけようと模索してきた気がするけれど、結局どちらにもなりたい。そう分かった。それでもなぜか、後者になりそうな予感がするから、草原の踏み心地をいつまでも密かに楽しむことにしようと思った。密かに楽しもうと選ぶほうが、本当に大切なのだろう。人はたいていそういうものを一つ二つ持っていて、それがとても魅力的であったりする。

自分の「足」を知っていること―かたち、くせ、好みの感触。歩く道具を丁寧に選び、メンテナンスし、歩くということ。率直に言って単なる靴フェチなんだろうけど、きっとこれからも靴箱が積み重なっていくんだろう。スニーカーや、ビーチサンダルや、パンプスや、そしてハイヒールが。



スポンサーサイト
| 未分類 | 00:45 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする













管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://espilce.blog17.fc2.com/tb.php/90-c799568b
トラックバック
| ホーム |

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE

☆
☆Author: 久美子
生まれ変わるなら、星か鳥になりたいと思う。
地上に「愛」が存在するならば、すべてを愛し、すべてに愛されたい。
命の灯をともして、日食の闇に、うごめく。



RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
  • (12/07)
  • (11/19)
  • (07/19)
  • (06/23)
  • (05/27)
  • CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
  • TAKK (03/23)
  • TAKK (07/04)
  • kumy (06/09)
  • TAKK (06/08)
  • ash (02/14)
  • (01/01)
  • kumiko (12/07)
  • RECENT TRACKBACK
    LINKS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。